Copilot は記事を読んで要約できるようになりました

新しい Microsoft Copilot 機能は Windows 上のドキュメントを分析します

ジョアン・ルーカス・バティスタのアバター
Microsoft AI は、コンピューターに保存されているファイルにアクセスして、概要を作成し、データを分析し、情報を評価することができます。

O マイクロソフト コパイロット は、Windows 11 でユーザーの生産性を最適化する新機能を追加しました。Microsoft の AI はデータを分析して概要を作成し、この情報を分析およびアクセシビリティ タスクにリンクします。

Microsoft によって正式に発表されていないにもかかわらず、この機能はアカウントによって発見され、直接明らかにされました。 レオペバ64 Xでは、古い Twitterさんは、新しいチャットツールを使った動画を公開した。ビデオでは、Copilot がコマンドを受け取り、PDF ドキュメントのトピックを要約に整理し、AI によって数秒で作成されます。以下を参照してください:

Microsoft Copilot の新機能

Copilot の新しいツールは、生産性の向上によりユーザーに満足していただけるはずです。新しいチャットは使いやすく直感的で、ファイルをチャットにドラッグ アンド ドロップすることで AI がコンテンツにアクセスできるようになります。

マイクロソフトの副操縦士
新しい副操縦士チャット。画像: 複製/ XDA

次に、要求される可能性のあるアクションの膨大なリストがあります。ユーザーは文書について質問したり、本文の特定のポイントを知りたいと思ったり、要約を要求したりすることができます。

これにより、Copilot は、手動では多大な時間を必要とする、大規模なドキュメントに凝縮される可能性のあるデータや情報の検索に役立ちます。

Copilot によるファイル解釈

新しい Microsoft Copilot 機能は、Windows 上のドキュメントを分析します。 Microsoft AI は、コンピューターに保存されているファイルにアクセスして、概要を作成し、データを分析し、情報を評価することができます。
画像: 複製/マイクロソフト

AI の進歩と、これらのプラットフォーム上のツールの急速な更新に伴い、Copilot の新しい文書解釈機能は、生産性を重視しているため、同様の AI がリリースされた直後に提供されます。 ソフトウェア 最近の発売でも見られるように、同様のことが言えます。 Adobe そしてグーグル。

パーソナライズされた結果を提供するために、Copilot は、パーソナライズされた GPT のサポートに加えて、Microsoft のネイティブ オペレーティング システムである Windows との互換性で目立つように努めています。 ソーラ, 実際、特に動的な読み取りを必要とするユーザーにとっては、PC の便利なアシスタントです。

4 月の OneDrive での Copilot

Microsoft OneDrive
画像: 複製/マイクロソフト

昨年 10 月に Microsoft が発表した、OneDrive は来月 AI Copilot プラットフォームを受け取る予定です。人工知能プラットフォームの組み込みにより、 OneDrive、また、によって マイクロソフトチーム e SharePointの。 Microsoftが発表した記事によると、CopilotはMicrosoft 365のライセンスを持つ企業および学校の​​顧客が利用できるようになるという。

Copilot は、実際のコンテンツの削除だけでなく、より詳細な草案の作成、関連する質問や提案を含むテキストの編集を支援できることが期待されています。

また見なさい

情報源: XDA e Microsoft.

テキスト校正者: ペドロ・ボンフィム

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

関連する投稿